バストアップ

実年齢より老化したバスト、垂れパイ・しわしわ胸の原因

年齢や出産を期に胸が垂れ下がってしまう…という親波を持つ女性は多いですが、
近頃は実年齢より「胸の老化」で悩む女性よりご相談をいただくケースが増えました。

 

では10代、20代前半の女性でも何故胸が下がってしまうのでしょうか?

 

胸が下がってしまう原因としまして

・年齢によるもの
・不規則な生活/偏った食生活によるもの
・クーパー靭帯の損傷によるもの

と大きく3つの原因があるといわれています。

 

項目ごとに解説します

 

年齢によるもの

年齢が原因で胸が下がってしまう原因としまして筋力の衰え、新陳代謝の悪化、女性ホルモンの減少などがあげられます。

 

筋力の衰えは、胸の位置を下げ、代謝の悪化は肌のハリと艶を失います。
放置したままですと、見る見るうちに胸は垂れ下がってしまいますので、あなた自身で気になるようでしたら即時対策が必須です。

 

不規則な生活/偏った食生活によるもの

若年層の女性でも胸が下がってきた、形が変わってきたという場合は、不規則な生活、運動不足、偏り過ぎた食生活が原因であることが多いです。

 

特に路上に長時間座りこんでおかしな姿勢をしたり、スナック菓子の常食や甘いもの、から過ぎる食べ物、歩くことが少ない場合、入浴はシャワーのみなどといった乱れた生活をしていますと10代でも胸の位置は下がってきます。

 

不規則な生活や偏った食生活は、今すぐに改善できるので、美しい胸を保つため肉類などのたんぱく質の多い食事を摂取して、体を動かすように心がけてください。

 

クーパー靭帯の損傷によるもの

クーパー靭帯とは、胸と体をつなぐものです。

この靭帯が伸びてしまったり、切れたりした場合は胸と体をつなぐ靭帯は他にありませんので胸が垂れ下がり元に戻ることはありません。

 

出産を期に、胸が下がるのはクーパー靭帯が伸びきってしまうことが原因です。
また、激しい運動、過剰なバストマッサージなどでも靭帯は破損してしまいますからバストアップの対策するさいでも注意が必要です。

 

バストの老化を防ぐには?

 

1. 規則正しい生活と食生活

以下で紹介しているケアをしてみても、健康な体でありませんとケアする意味はありません。
ですから、日頃より食生活や適度な運動を行い健康維持をしてください。

 

2. サイズの合ったブラ選び

体に合っていないブラを常用することで、胸の位置も下がってきます。(特に胸とブラの間に隙間ができているような場合)

重力の影響を軽減するため、また胸を少しでも上向きにするために、サイズの合ったブラ選びをしてください。

 

3. 胸の位置のズレをマメにチェック

日常生活していますと、胸とブラの位置がずれてしまうことがあります。
常にチェックすることはありませんが、トイレに行くときは、お昼休みなど毎日数回はブラと胸の位置がずれていないか?ずれているようでしたらコマメにズレを直してあげてください。

 

4. 運動する際はスポーツブラを着用すること

運動する際は、スポーツ専用のブラを着用してクーパー靭帯の負担をなくしてください。

 

5. 毎日のケア

日々美しいバストを保てるように、自分でバストアップ体操をしてください

 

6. バストマッサージをする時には専用クリームを使うこと

バストケア専用のクリームは、クーパー靭帯を補強する成分を含んでいます。

余計な力を入れなくともクリームを塗りこむことで、未使用時の数倍は効果的なケアができるはずです。

 

7. 保湿クリームを使うこと

胸のハリと艶を保つために保湿することも忘れずに!

美しい胸を保つためは、毎日のケアが大切です。以上の項目を欠かさずに、いつまでもハリ艶のある美乳をキープしてくださいね。

-バストアップ

© 2021 幸せのバストアップ Powered by AFFINGER5