昨今、何かと話題になっているECサイト。詳しく知らないという方でもECサイトという言葉は目にしたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。このECサイトとは一体どういうものなのか、ECサイトの定義や、またECサイトにはどういった種類のものが存在するのか、それぞれの分野ごとに分けて説明します。

まず初めにECサイトという言葉ですがECとはそもそもエレクトロニックコマースという言葉の略称で電子商取引のことを指します。つまりECサイトとは電子商取引をするサイトということになります。しかし、言葉だけは具体的にどういったことに使われているのかイマイチ見当がつかないと思います。最近では本や服、生活用品などネット上で買うことができます。ECサイトとはそういったネット上でサービスや物を買えるサイトのことを指します。おそらくECサイトという言葉の意味は知らなくてもこれまでそういったECサイトを利用したことがあるという方がほ多いでしょう。

しかし、ECサイトと一概に言ってもECサイトには様々な種類が存在しています。その種類とはモール型と自社サイト型という大きく二つに分けることができます。この二つがどのように違うのか、簡単に説明するとモール型とは他社が運営するサイトを借り出店者がEC、すなわち電子商取引を行う方法です。一方で自社サイト型とは出店者が自らサイトを構築し電子商取引を行う方法です。これだけではイメージしづらいと思うので、ここから先はそれぞれの種類を掘り下げて説明します。