自社サイト型

次に自社サイト型ですが、こちらは言ってしまえば土地を自分で購入し、その場所に自分のお店を開く方法です。そのため先ほど説明したモール型とはECサイトを始めるまでの手順が決定的に異なります。ネット上にサイトを用意するところから始まり出店、販売、決済するところまですべて自分で行います。結果的に自社サイト型はモール型よりはるかに敷居は高くなります。

この方法でECを始める場合、完全に自分で一から立ち上げる方法以外にもECサイトを構築するツールや決済部分だけを代行するサービスなども存在していますが、モール型より敷居が高いのには変わりありません。しかし、始めるまでの手間がかかる分もちろんメリットも存在します。

関連リンク:ECサイト構築クラウド | MODD |

自社サイト型は言ってしまえば完全に自分の店を持つのと同じ状態ですので、店づくりからサイトの構成サイトの規定などすべて自分で自由にカスタマイズすることができます。ですので、うまくサイトを作ることができれば、個性的で魅力的なお店を作ることが可能です。

ECサイトを行っている出店者の中には初めはモール型で始めしだいに自社サイト型に移行していった方も多いようです。どちらのECサイトにもそれぞれメリットが存在しているので、まずはその違いを理解することが重要です。

モール型

先ほど上の項目でも軽く触れましたが、ここからはモール型についてさらに掘り下げて説明します。おそらくECサイトをこれまで利用した方のほとんどがこのモール型を利用しています。それぐらい、このモール型というのはサービスの大半を占めています。このモール型というのを理解するうえでオススメなのが、大型のショッピングセンターです。

ショッピングセンターは通常、敷地や出店スペース、随時開催されるイベントには関与していますが、そのショッピングセンターで販売する洋服や本、生活用品、飲食店などには関与していません。それぞれ出店者がショッピングセンターを運営する企業からスペースを借り、その料金を毎月支払うことで利用しています。このECサイトのモール型とはその現象と全く同じことをネット上で行っています。巨大なネット上のショッピングセンターを用意し、出店者がそのネット上のスペースを借りることでEC、すなわち電子商取引を行っています。

この項目で一番最初に説明したようにECサイトのほとんどがこの方法を利用しています。その理由は自分でサイトを用意する必要がないためサイトの構築やサイト運営の知識など専門的な知識があまりいらず人気があります。

ECサイトとは

昨今、何かと話題になっているECサイト。詳しく知らないという方でもECサイトという言葉は目にしたことがあるという方がほとんどではないでしょうか。このECサイトとは一体どういうものなのか、ECサイトの定義や、またECサイトにはどういった種類のものが存在するのか、それぞれの分野ごとに分けて説明します。

まず初めにECサイトという言葉ですがECとはそもそもエレクトロニックコマースという言葉の略称で電子商取引のことを指します。つまりECサイトとは電子商取引をするサイトということになります。しかし、言葉だけは具体的にどういったことに使われているのかイマイチ見当がつかないと思います。最近では本や服、生活用品などネット上で買うことができます。ECサイトとはそういったネット上でサービスや物を買えるサイトのことを指します。おそらくECサイトという言葉の意味は知らなくてもこれまでそういったECサイトを利用したことがあるという方がほ多いでしょう。

しかし、ECサイトと一概に言ってもECサイトには様々な種類が存在しています。その種類とはモール型と自社サイト型という大きく二つに分けることができます。この二つがどのように違うのか、簡単に説明するとモール型とは他社が運営するサイトを借り出店者がEC、すなわち電子商取引を行う方法です。一方で自社サイト型とは出店者が自らサイトを構築し電子商取引を行う方法です。これだけではイメージしづらいと思うので、ここから先はそれぞれの種類を掘り下げて説明します。